FC2ブログ
スコティッシュフォールドのもふもふ猫、ミーシャと、中高生の息子たちと暮らす日々を綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
美味いもん〜「キツネイロ」のどら焼き
IMG_7550.jpg



伊丹に来た目的は、

レオ・レオーニ展の他に、もう一つありました。

それは


「キツネイロ」のどら焼き。





夕方の情報番組で取り上げられていた、

行列のできる評判のお店、なんだそうです。




私はTVをあまり見ないし、

近いけど伊丹に行くことは滅多になく

お店がオープンしていた事も知らなかったのですが、

美味しいもんハンターの会社の同僚が

教えてくれました。




HPを見て見たら、

お若い女性の店主さんのこだわりとセンスが感じられる、

素敵なお店のようです。


HPはこちら↓

キツネイロ




行列ができるので、

今ではオープン1時間前から

どら焼きの整理券を配ってるとの事。

なので、整理券を配り始める朝9時に

張り切って行く事に😄




お店の前に着いたら9時を数分すぎてしまいましたが、

並ぶことなく整理券はGETできました。



しかし、すでに券のナンバリングは 

No.98!!




番号順にお渡しするので、98番だと11時頃になるとの事。

11時〜閉店時間の13時の間に取りに来てください、

と言われました。




美術館もオープンは10時からなので、

近くのタリーズでモーニング食べてから、

美術館でレオ・レオーニ展を見て、

帰りにどら焼きを受け取とって帰ることにしました。


なんだか朝活だな(笑)




11時半くらいにお店に伺ったのですが、


他のお菓子は全て売り切れておりました!



おはぎとか、かりんとうも気になってたのにな。。。

どら焼き以外の物を買うには、

オープン直後に行かないとダメみたいです。




整理券1枚につき、どら焼き6個入り2セットまで、

だそうです。

バラ売りはしてないのがちょっと残念ですが、

小さいのに大繁盛のお店なので、仕方ないかな。



でも2セット買ったうちの1セットを

後でシェアしよう、と友人と話していたら、

お店の方がそれを聞いていて、

分けて袋に入れてくれました。

丁寧に対応していただき、嬉しかったです😄



朝からかんかん照りで、あまりに熱い日で

ぼ〜っとしていたせいか、

お店の写真を撮るのをすっかり忘れておりました💦



IMG_7549.jpg



私は今までどら焼きって、

そんなに好きじゃなかったんですが、

これは別物です!


IMG_7552.jpg


生地はきめ細かくてしっとり。

綺麗なきつね色です💕



抹茶の緑や、なんと竹炭入りの黒い生地も!

中は小倉あんだけではなく、バターあんや、

パイン寒やレモン寒をサンドした、複雑な味わいのどら焼きです。



子供達にパインとレモンとあんずは

食べられてしまったので分からないですが、


私が食べた中では

「木苺寒とバターあん、小倉あんを竹炭生地で」 という味の物が、

絶妙なバランスの美味さでした💕


もちろんシンプルなどら焼きや抹茶味も、美味しかったです♪





キツネイロは最寄り駅はJR伊丹ですが、

阪急伊丹駅からも美術館からも、歩いて数分でした。



伊丹駅近辺にご用があったら

ぜひ朝活スケジュールにして、

キツネイロのどら焼きをGETしてくださいませ!





#キツネイロ#どら焼き#和スイーツ#伊丹#酒蔵通り#行列のできる店
スポンサーサイト
page top
みんなのレオ・レオーニ展〜伊丹市立美術館
IMG_7541.jpg



絵本「スイミー」「フレデリック」

「アレクサンダとぜんまいねずみ」の作家、


レオ・レオーニの原画展が開催されていると聞いて、

伊丹市立美術館へ行ってきました。




みんなのレオ・レオーニ展




IMG_7542.jpg



一見、美術館っぽくない和風の外観ですが、

伊丹は清酒発祥の地ということで、

この辺りの建物は、レストランなんかも

酒蔵を模した和風の建物が多いのです。



伊丹市立美術館は、

JR伊丹駅、阪急伊丹駅どちらからも、

歩いて数分で行くことができます。




意外に思われそうですが、

絵本が好きです。



そういうキャラではないよね〜、というツッコミが

入りそうですね (^_^;)



息子達が幼稚園や小学生の頃、

絵本の読み聞かせのボランティアをしていた事や、

美大生だった頃、卒業制作で

絵本を描いたりした事もありました、、、大昔の事ですが。





「スイミー」や「フレデリック」は、

何度も読み聞かせした懐かしい絵本です。




レオ・レオーニの絵本は

動物のデザインが可愛く、

白地を活かした貼り絵のレイアウトが美しくて、

スタイリッシュで印象に残ります。


IMG_7540.jpg



でも、レオ・レオニーだと思ってた!(笑)

「レオーニ」 さん、だったのね。。。



夏休み中の土曜日でしたが、

混雑はなく、ゆったり見ることができました。




小さなお子さん連れもおられましたが、

年配の大人だけで来られてる方も多いです。

ご夫婦やカップルの姿も💕

私は同年代の友人と一緒に、

懐かしいねー!と言いながら鑑賞していました。



レオ・レオーニの絵本も置いてあって、

自由に見ることができます。




IMG_69501B0AD625-1.jpeg




「ぺツェッティーノ」という

表紙はどっかで見たことがあるけど、

読んだことのない絵本があって、

カラフルな色に惹かれて読んで見たのですが、



これが、深くていい話なんだよ!



本屋さんや図書館で見つけたら、

ぜひ、手にとって見て下さい。


〜じぶんをみつけたぶぶんひんのはなし〜

という副題が付いてるのですが、



小さな四角いこの子は、

取り柄のない自分は、

きっと他の大きな何かの部分品だと思って、

その何かを探す旅に出るのだけど、

一度バラバラにぶっ壊れて気づく。



部品なんかじゃなくて、

自分はそれだけで完成された

(素晴らしい)存在であると。




深い。。。✨



レオニーさんはグラフィックデザイナーとしても

活躍されていた方なので、

絵本の原画の他にも、

商品やイベント広告のポスターや、

抽象画もあったり、

絵本とは全く違った作風のシュールな彫刻や絵画もあって、

良い意味で、予想しなかった面白さがありました!



どの作品にも独特のセンスの良さと美しさがあって、

大人も子供も楽しめると思います。



中学生の次男は、

美術展を見てレポートを提出するという宿題があるので、

オススメしておきました。



地元でこんな良い作品展が見られて、良かったです😄





#レオ・レオーニ#みんなのレオ・レオーニ展#伊丹市立美術館#阪神間




© ニャンダフルな日々。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。